• nico dog salon

日記: 第8話「miniの不思議な話。」



<私がなぜトリマーを目指し、トリマーになり、紆余曲折の末、開業という現在に至ったのかを振り返る、超超個人的日記ブログです。>



miniが我が家へ来てから数日が経ったある日。

miniがお座りをして、ある方向を向き、じっと一点を見つめていました。


視線の先には、先代COCOの仏壇。


COCOが亡くなったのは2012年2月。

miniが生まれたのは2013年1月。

預かりさんブログでminiと出会ったのは2014年1月。

我が家へやってきたのは2014年3月。

COCOが亡くなり、最期のお別れの時、私はCOCOに伝えました。


「何年かかっても、どんな姿形でもいいから、必ず家に戻ってくるんだよ。」


それを覚えているかのように、仏壇に向かって

「わたし、生まれ変わって、ちゃんと戻ってきたよ」

と報告でもしているような、その姿。

もしかしたら、仏壇からCOCOが

「あんた誰?!」と言っていて、

miniが挨拶していたのかもしれないし、

ただ仏壇の存在が気になって見ていただけなのかもしれません。 「どうしたの?」

と私が声をかけると、その場を離れ、その後同じような行動はしなくなりました。

そしてさらに不思議なことが。

ある日、新聞のテレビ欄を見ていると、TVK(神奈川のローカル局)のニュースで保護犬について特集するとのこと。

これはチェック!と、番組を観ていると、

その特集は、miniが収容されていた平塚動物愛護センターと、

レスキュー&保護した、成犬・成猫を譲渡推進する会を取材したものでした。

代表のインタビューが流れ始めると、

私の膝の上でぐっすり寝ていたminiが急に起き上がり、テレビにくぎ付け。

画面を観ながら、じーっと代表の声を聴いています。

きっと覚えているんだなぁ~、助けてくれた人だもんね。

なんて思っていると、場面は変わり、

動物愛護センターの施設の映像に。

すると急に、miniが画面に向かって唸り始めたのです。

画面には、柵で仕切られた部屋。

その部屋の隅にうずくまり震えるわんこたち。

そしてセンターの職員のインタビュー。


「うーーー」

と唸っていたのが、どんどん大きくなり、


「う″ーーあ″ぁーーーーー」

と、まるで怒っているかのような声。

テレビ画面を通しても、あの場所だ、もうここには戻りたくない、と感じたのでしょうか。

特集が終わると、またminiは膝の上にうずくまり、寝始めました。

これがminiの不思議な行動。

信じるか信じないかは、あなた次第。。。




つづく。。



nico dog salon

厚木市栄町2-1-3 スワンズマーク1F

TEL : 070-2622-9255

LINE : @zat7579o

Instagram : nico_dogsalon