• nico dog salon

日記: 第5話「3.11。上」

Updated: Sep 10, 2019


<私がなぜトリマーを目指し、トリマーになり、紆余曲折の末、開業という現在に至ったのかを振り返る、超超個人的日記ブログです。>


2011年3月11日。

私は仕事がお休みで、お昼から近所の美容院に行っていました。

髪のカットの最終チェックをしてもらっていた頃。

ゆるく揺れ始めた地震は、次第に揺れが大きくなり、外を見ると、まるで水面のように波打つ地面や道路。

建物はありえない振り幅でブンブンと揺れていました。

「あ!COCOがひとりだ!」

その日、私以外の家族はみんな仕事や用事で外出していました。

出かける前にCOCOをサークルに入れてきたのを思い出し、

周りの家具や物がCOCOに落ちていないか?

大きな揺れでパニックになっていないか?

揺れのショックで水頭症の発作が出ていないか?

と不安に。

自宅までは徒歩数分。

美容院に了承をいただき、お会計前にCOCOの安否確認に帰宅させてもらうことに。

自宅マンション共用部分は停電しており、オートロックやエレベーターも使えないため、非常階段をダッシュ。

高波の船にでも乗っているかのような横揺れがある中、なんとか自宅ドアを開け、COCOのいるサークルへ。

COCOはサークル内で不安そうにくるくると回っていましたが無事でした。

COCOをキャリーバッグに入れて抱え、美容院へお会計をするため戻りました。

お会計が終わり、ふと、トリマーと掛け持ちでやっていたアパレルのバイト先は大丈夫かと心配になり、バイト先がすぐ近所のため、COCOを連れたままバイト先へ。

店内には大きなマネキンやガラスのディスプレイがありましたが、どれも無事で、スタッフも無事でした。

バイト先が入る館も古い建物でしたが、大きな被害は見られませんでした。

よかった!

数分バイト先で雑談をし、帰宅。

すぐにテレビをつけました。

震源地 宮城県沖

宮城県 震度 7

画面の端には日本地図。

太平洋沿岸には広範囲に津波警報が出ていました。

「え、うそでしょ。。宮城県沖って。。」

父は仙台に単身赴任中。

仕事は東北全土に及ぶため、今日東北のどこで仕事をしているのか家族にはわかりません。

すぐに父の携帯に電話しましたが、繋がるはずもなく。

都内に出かけていた母の携帯も繋がりません。

メールをするも、届きません。

どうしよう。。

どうしよう!!!

COCOはおやつ、おやつ、と私に催促します。

ちょっと!それどころじゃないから!

あ!こういう時って、地方であれば電話が繋がりやすいって聞いたことがある!

父の田舎である下関の親類へかけてみました。

すぐに電話は繋がりましたが、父から連絡はないとのこと。

父の赴任先の支店にかけてみよう!

自宅の固定電話からかけてみましたが、やはり繋がらず。。

どうすればいいのか、もう思考力ゼロ。

そして追い討ちをかけるように、中継ヘリからは残酷な映像。

大津波が防波堤を越え、船を飲み込み、田畑へと伸びていきます。

ああ、もうだめだ。。

膝から崩れ、嗚咽が止まりません。

ああ、私、何も親孝行できなかったな。

好きなことばっかりさせてもらってさ。

もうトリマー辞めて、家計を支えるためにもっと高収入なところに転職しないとな。

悲惨な中継は、その内容が全く頭に入ってきません。

COCOは、つぎはごはん!ごはん!とフードの袋を足で押し始めます。

ねぇ、あなたの大好きなお父さん、今大変なんだけど。。

その時、自宅の電話が鳴りました。

都内で仕事をしている兄からでした。


つづく。


nico dog salon


厚木市栄町2-1-3 スワンズマーク1F

TEL : 070-2622-9255

LINE : @zat7579o

Instagram : nico_dogsalon