• nico dog salon

怖い怖い熱中症!



暑い季節に気をつけてあげたいのが熱中症です。

ちょっとだけ…と冷房のついてない車内に置いていったり

今日は比較的涼しいから、窓を開ければ大丈夫かな?

と、わんちゃんを1日お留守番させるのは大変危険です!

人間は発汗することで、気化熱を利用して体温を下げることができます。

汗をかいても風に当たると涼しく感じるのはこのためですね。

しかしわんちゃんの場合、汗をかくことが出来るのは足裏位で、ハアハアと息をするパンティングによって体温を下げます。


扇風機を回す・窓を開けて風を通す位だと、わんちゃんにとって過ごしやすい環境とは言えないかもしれません。


息が荒いままおさまらなかったり、ぐったりしている、食欲がない、下痢や嘔吐をしている場合は熱中症の可能性があります。

重篤な場合、死亡の恐れもあります。

<熱中症対策として>

・水分をこまめに与える

(あまり水を飲まないわんちゃんの場合、缶詰めなど水分が多いフードを与えることで、脱水予防が期待できます)

・冷房をつけて、温度湿度管理をする

・日中のお散歩や外出はさけ、できれば早朝にお散歩する

(日が落ちると気温は下がりますが、夕方は地面の熱が下がりきらない場合があります。

また、炎天下のアスファルトやマンホールは高温です!わんちゃんの火傷の恐れもあります。)

・キャリーケースやキャリーバッグの中の温度に気を付ける

などなど…

<もしも熱中症になってしまったら?>

・流水をわんちゃんにかける

(氷水をかけたり飲ませるのは血管が急激に収縮し、逆効果です!)

・脇や内股を濡らしたタオルや布でくるんだ保冷剤などで冷やす

※上記はあくまでも応急処置です。

少しでも様子がおかしいと感じたら、応急処置をしてすぐ病院へ連れていってあげてください。

まれに冬の室内で熱中症になってしまうわんちゃんもいるそうですよ!


わんちゃんの様子をこまめに観察して、過ごしやすい環境をつくってあげたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます!


nico dog salon

厚木市栄町2-1-3 スワンズマーク1F

TEL : 070-2622-9255

LINE : @zat7579o

Instagram : nico_dogsalon